信家

四方洲浜透鐔

銘 三信家
Tsuba(San-Nobuie)

特別保存刀装具
NBTHK Tokubetsu Hozon Paper

(公財)日本美術刀剣保存協会
特別保存刀装具鑑定書
NO.C0034
竪長さ:7.1cm  横長さ:6.7cm  耳の厚さ:0.5cm SOLD OUT
時代:尾張国-室町時代末期
形状:木瓜形・鉄阿弥陀鑢地・陰透・稔返耳
附属品 外箱・桐箱・タトウ
詳細説明
尾張の鐔工:信家は、京伏見の金家と共に鉄鐔の双璧と称される名工である。形は木瓜形や丸形が多く、稀に蹴鞠形や下辺が張り出した障泥形がある。信家鐔の特色は鉄の鍛えが無類に良く、地文の景色が雅趣に富み、打刀拵に最も良く映る鐔である。名は殆どが二字銘であり、種々の字体が是認されているが、大別すると「放れ銘」と「太字銘」の二種類に分けられる。本作は三信家と称される信家初代の鐔。信家鐔集所載と鐔大鑑所載である名品である。

信家鐔信家鐔
▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。
信家鐔信家鐔鐔大鑑鐔大鑑信家鐔信家鐔信家鐔

【商品紹介:刀装具ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英