刀 村正

刀 銘 村正
Katana(Muramasa)
詳細説明
村正は伊勢国桑名の刀工で世に言う“妖刀村正”である。
その由来は、家康の祖父清康と父広忠は村正の刀で暗殺され、長男の信康は切腹させられる際に村正の刀で介錯され、家康自身も村正の槍で負傷したという処から徳川家にとっては、不吉な刀として嫌われるたと伝えられている。一説には村正帯刀禁止令がだされたとも言われている。そのためかなり多くの短刀は銘の部を削り取ったり、改ざんされた作品が多い。妖刀村正は逆に徳川家に対して好意を持たない大名は、積極的に村正を求めたと言われております。
だが、村正を妖刀として恐れたという話は後世の創作で、実際には家康は村正を好み、尾張徳川家に遺品として徳川美術館に残されている。この刀は、銘字の書風及び茎仕立から二代村正と鑑せられるもので、出来がよいのみならず、地刃が健全であることが好ましい。
第49回重要刀剣
NBTHK No,49Jyuyo Paper
(公財)日本美術刀剣保存協会
第49回重要刀剣指定書
NO.K00142
刃長:66.5cm (2尺1寸9分4厘) 反り:2.1cm 元幅:2.8cm
先幅:1.8cm 元重:0.6cm 先幅:0.4cm
参考品
国:伊勢国(三重県)
時代:室町時代後期
登録証
宮崎県
形状鎬造、庵棟、身幅尋常、反り深く、先反りつき、中鋒
:板目つみ、流れ肌交じり、地沸つき、地景入る。
刃文:直ぐの焼出しごころあり、その上、下半は小のたれを基調に互の目交じり、のたれが角がかり、上半は直刃基調に浅くのたれ、小互の目・尖り刃などを交え、下半と上半の焼刃を異にするが、表裏の刃文が揃い、足入り、匂深めに、小沸よくつき、砂流しかかる。
帽子:表直ぐに丸くさかんに掃きかけ、裏直ぐに小丸に返る。
:生ぶ、先刃上がりごころの栗尻、鑢目勝手下がり、目釘孔二。
白鞘・金着一重ハバキ

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。
刀販売

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

刀販売

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英