刀 青江長次

刀 無銘 青江長次 
Katana(Aoe-Nagatsuggu)
詳細説明

長次は青江派の最後を飾るとても上手な刀工である。本作は焼き幅広く丁子乱れを焼いて匂口が締まるなど長次の特色をよく現わした一振である。

特別保存刀剣
NBTHK Tokubetsu Hozon Paper
(公財)日本美術刀剣保存協会
特別保存刀剣鑑定書
NO.K0146
刃長:68.3cm (2尺2寸8分)反り:2.8cm
元幅:2.8cm 先幅::1.8cm 元重:0.6cm
2,300,000円

(国内送料・税込)
国:備中国
時代:南北朝時代末期から室町初期
登録証
東京都
平成2年8月23日
形状:鎬造、庵棟、身幅尋常、反り高く、小鋒。
 鍛:小板目肌つみ、地沸よくつく。
刃文:焼き幅高く、丁子に小丁子、互の目など交え、小足、葉頻りに入り、華やかに乱れ、匂口締まり、小沸つく。

帽子:乱れこみ小丸に返る。

彫物:表 横手下より二筋樋を腰元まで彫り、丸留にする。その下に梵字、腰樋に添樋を掻き通す。裏 横手下より二筋樋を腰元まで彫り、丸留にする。その下に梵字、素剣を掻き流す。
:大磨上、先切り、鑢目不明、目釘五中一埋
白鞘・金着一重ハバキ

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英