甲冑の名称について

1-1armorguidance

立物(たてもの)

兜に付く立物です。建物とも書き、江戸時代には俗に“験金”(しるしがね)とも呼ばれている。装飾品としての要素だけではなく、個人の標識ともなり、足軽にとっては合印ともなるものであった。立物の取り付ける位置は兜の前・後・両脇・頭上などである。その取り付け位置により前立・後立・脇立・頭立などと呼ばれている。立物のデザインは、動物・植物・器物などをモチーフにしたものや、信仰心を表したものなど多種多様である。

面頬(めんぽう)

顔面を守るもの。材質は鉄が原則とするが、革も多く見られ、稀に張抜(紙製)も用いられている。形式は半首(はつむり)・額当・総面・頬当の四種類がある。

兜・兜鉢(かぶと)(かぶとばち)

兜鉢は、1枚の鉄板を打出した1枚張と数枚の鉄板を張合わせたものとがあり、後者には突起した鋲を鉢表面に打つ星兜鉢や、張合わせた板の縁を曲げて筋を立てた筋兜鉢などがある。

袖(そで)

左右一双で肩や上腕部を守るもので、大袖・広袖・壺袖・当世袖などの種類がある。

胴(どう)

身体を守るもの。形式は大きく分けて丸胴・二枚胴・五枚胴などがあり、札と板の形から札(小札)・伊予札・本小札・板札などがある。その名称から本小札胴・桐付小札胴・伊予札胴・桶側胴などと呼ばれている。その他に西洋甲冑の胴を用いた南蛮胴などもある。

籠手(ごて)

腕から手甲までを守るもので、種類は極めて多い。材質は、絹・木綿・麻・毛織物を家地とし、鎖には一般に鉄・真鍮を用いる。

佩楯(はいだて)

大腿部・膝などを守るもの。材質は、絹・木綿・麻・毛織物を家地とし、板札には革・鉄鎖には鉄や真鍮を用いる。

臑当(すねあて)

膝から足首までを守るもの。材質は、絹・木綿・麻・毛織物を家地とし、板札には革・鉄鎖には鉄や真鍮を用いる。

【TOPページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店
gotyumon470_03gotyumon470_04gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12 日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15